2011年03月16日

天候

昼前、大きな落雷の音。

「うそっ。何?雨?」

ブラインドを開けてみれば、大雨。

ありえない。。。

春雷といえば、響きはいいけれど
この時期、イヤな気持ちになることこの上ない。

構内放送に耳をすまし、電圧降下や瞬停がなかったことに安堵する。

落ち着かない毎日。

それでも、期末で仕事は減らず、地震の影響もあって
次々にわいてくる。

あれやこれやと没頭して、気がつけば、8時すぎ。

後片付けして、外に出てみれば、なんと、雪。

ありえない。。。

何これ?雪?

空を見上げれば、薄雲の向こうにお月さま。

ありえない。。。

なんなのよ?これ?

引き返すか悩んだものの、とりあえず、帰ることにする。

さすがに9時も過ぎていれば、ひとけも少なく
静かな夜の気配の中、さらさらと降る雪。

なごり雪。

家に着くころには、小振りになって
部屋に着いて、窓をあけたら止んでいた。

疲れた。

TVから流れる映像に、何もできないもどかしさだけが募っていく。

阪神大震災の後、1週間目くらい経つと、避難所の中には
投げやりになる人が目立つようになっていた。

ライフラインの復旧や病院関係者など、休みもせず
がんばっている人が過労死になった例がいくつもある。

先を見すぎると途方に暮れる。
前を見つめすぎると疲労する。

少しずつ、少しずつ、出来ることから手を付けていこう。


posted by 芳野 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳野徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

地震

今日、明日の人事異動の話があった。

業務そのものは今と同じだけれど
別の課に異動になるよ、という話。

部内の異動になるから、席替えするくらいだし
たかだか担当者レベルで拒否権があるはずもない。

今の課長になって、1年。
一番好きだったのになぁ。

今度行くところの課長は、前の課長と
同じタイプで、絶対に、相性がよくない。

今の課長は、責任はとるから好きにしていいよタイプの人で
情報も全部オープン。私も自分勝手に動きたい人なので、かなり楽だった。
(迷惑かけるようなこともしませんでしたしね)

今度の人は、自分がコントロールしたい人。
なので、自分が必要と思った情報しか流さない。そして、忘れる。
もしくは、飽和してどうにもなくなってから、お鉢がまわってくる。

なんで私が課長のしりぬぐいをせな、あかんねん!
反対やろ?

こんなこと書いている間にも、今度は東海地方で地震発生。

静岡県富士宮市で、震度6強。

いったい日本で何が起こっているのか・・・

それにしても、アナウンサーってすごいな。
揺れてる中で状況をきちんと読みとおしてた。職人魂。
posted by 芳野 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳野徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安否

GoogleがPicasaのWebアルバムを使って
避難所から寄せられた伝言板の写真を載せて
ユーザがその写真からテキスト起こしをする作業が
どんどん進んでいる。

避難所名簿共有サービス
http://googlejapan.blogspot.com/2011/03/blog-post_14.html

リアルタイムに進んでいて、驚く。

テキストに起こされた情報を
パーソンファインダーに登録すれば
検索が可能になる。

同じ人がそこまでやったり、別の人が協力したり。

世の中、進んでます。

とはいえ、住所なんかと組み合わさっていれば個人情報なわけですね。
当然、情報は多いほど特定ができるわけで・・・
いや、特定できないと意味がないわけなんですが・・・

世の中、微妙です。



posted by 芳野 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳野徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

其後

震災から4日。

相変わらずニュースで繰返し流される映像は
同じ日本で起きたこととは到底信じられないような光景で
地縁を持たない関西圏在住者にとっては、つくりもののようで
現実感がない。

あんなことがあったというのに、私はいつもどおり買い物をして
いつもどおり食事を摂り、いつもどおりあたたかい布団に
くるまって眠れる。

仕事に行ってみれば、確かに材料手配は相当混乱しているのだが
やはり、いつもどおりヘルプコールを解決して、いつもどおり
ブツブツ言いながら資料を作成し、今日が終わっていく。
ほんの少しの罪悪感を抱えながら。

捜索が続けられ、満足な睡眠も食事もとれなくても
復旧作業をもくもくと続けられる作業員の方々がいる。

早くも、義援金受付をあちらこちらの企業が始め、
街頭に立っている人もいる。

(義援金って、本当に必要な人に届くのかしらん)

何かできることはないのかと、もどかしく思うのだが
個人で出来ることなど知れている。

(ボランティアで行くなら、その間は避難所に迷惑かけず、
 一人で生活できる装備を携えて行く必要があるよね)

報道されていることがすべてではない。

阪神大震災のときもそうだった。
本当に重要なことは隠される。

SNSが活用されて、いろんな情報がとびかっている。
それ自体はいいことだと思うけれど、鵜呑みにするのは
とても、危険。

情報は、常に少しだけ誰かさんの勝手な都合が含まれてしまう。
そういう性質のものだということを忘れてはいけない。

まずは、まっとうな生活を続けること。
そして、自分に出来ることは何か、冷静に考えよう。
posted by 芳野 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳野徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

震災

地震から2日。

被災地の方々におかれましては
ご苦労がしのばれます。

阪神大震災の時も、ありえない・・・と思いましたが
今回のニュース映像を見るたび、規模の大きさに
言葉もありません。

遠く関西の地にいては、まるで作りものの世界のようで
実感がありませんが、おいおい影響が出てくるのでしょう。

離れ離れになっている家族が一日も早く再会できることを
お祈りしています。
posted by 芳野 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳野徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。